メイド喫茶部・関西版

カテゴリ:メイド喫茶
CALENDAR
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
+RECOMMEND
すべてのオタクは小説家になれる!
すべてのオタクは小説家になれる!

人気小説作法書『マンガを読んで小説家になろう』の続編。
+RECOMMEND
初音ミク ベスト~impacts~
初音ミク ベスト~impacts~

最近、みっくみくにされてます。
+RECOMMEND
+RECENT COMMENTS
+RECENT TRACKBACK
+CATEGORIES
+ARCHIVES
+LINKS
+PROFILE
+OTHERS
[相談役]神戸巡り(06/15)
約3週間ぶりの記事になってしまいました。
過去の記事は後日書く事にします。

今日はショッカーA氏とN氏で、三宮〜元町を巡ってきました。
大阪駅のホームで待ち合わせをして、新快速で三ノ宮駅へ移動しました。

1店舗目:神戸KANON

かなり久しぶりのお帰りなのですが、前回来た時と雰囲気は変わっていませんでした。私が三年前に始めてメイド喫茶へお帰りしたのはこの店でした。残念ながら今月末で閉店となります。

「桂花烏龍」をオーダーしました。


徒歩で南京町へ移動。
東榮酒家で昼食を取りました。


2店舗目:お月見猫王様の不思議な銘茶館

「マテ・ブラック」をオーダーしました。

メイドさんに聞いたところ、猫王様はご健在で今でもいつもの所にいらっしゃるとの事でした。ショッカーA氏とN氏に謁見を勧めましたが、拒否られてしまいました。


会計を済ませ、次は豚まん(肉まん)を食べに行こう、という事になったのですが、近くにある南京町の中央広場の有名店(老祥記)は行列となっていて時間がかかってしまうので、神戸元町商店街にある老祥紀で食べる事にしました。

途中にあったゲーセンで、次世代キャッチャーが気になってしまい必死で景品を取ろうとしましたが、なかなかゲットする事が出来ずいったん諦めることにしました。


老祥紀に着いて中に入りました。南京町にある店と違い、常に空いていて一口軽く食べてすぐに会計を済ませて店を出るような、静かな雰囲気のお店でした。

席に着くとオーダーを頼む前にすぐ豚まんが出てきました。お好みで、しょうゆかソースのどちらかを付けて(または何もかけずにそのままで)召し上がるのですが、そのままで食べようとしていたら、突然電話がかかってきたので急いで店外に出ました。
用件を終えて店内に戻ると、何かを期待しているような様子で二人に見られていました。不気味です。気にせず何食わぬ顔で豚まんを食べていましたが、どうやらショッカーA氏にしょうゆとソースと一緒に漬けられていたようでした。

食べ終わり、持ち帰り分を含めて会計をしようとしていたら、店のおばちゃんから「いやあ、わたし(しょうゆと)ソースと一緒に食べへんわ〜」と言われてしまいました。
いや、自分の意思でそういう食べ方をしたんじゃないんですが…


元町方面へUターンし、さっきのゲーセンでショッカーA氏がリベンジしようとしていましたが、結局取る事が出来ませんでした。
一方、あっしはコレをゲット。


日本橋へ戻りました。


3店舗目:Milkcafe

「クラマトー」をオーダーしました。
| うっちー相談役 | 部活動:神戸 | 23:00 | comments(0) | trackbacks(0) |

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://maidcafeclub.blog.bai.ne.jp/trackback/130729
トラックバック