メイド喫茶部・関西版

カテゴリ:メイド喫茶
CALENDAR
<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
+RECOMMEND
すべてのオタクは小説家になれる!
すべてのオタクは小説家になれる!

人気小説作法書『マンガを読んで小説家になろう』の続編。
+RECOMMEND
初音ミク ベスト~impacts~
初音ミク ベスト~impacts~

最近、みっくみくにされてます。
+RECOMMEND
+RECENT COMMENTS
+RECENT TRACKBACK
+CATEGORIES
+ARCHIVES
+LINKS
+PROFILE
+OTHERS
[顧問]沖縄料理店で忘年会をしました
難波から市営バスで約20分掛けて、大正区にある沖縄料理店「仲順(ちゅんじゅん)」へ行きました。

本格的な沖縄料理を食べるのは初めてです。沖縄料理店には大抵「民謡ライブ」なるものもあるそうで、ちょっと興味があったりします。

沖縄料理仲順(ちゅんじゅん)

ただいま鋭意製作中です。ようやく書き上げました。
沖縄通のN氏、ショッカーA氏の解説・オススメに従い、いろんな沖縄料理をオーダーしました。

<品目一覧>
おじい自慢のオリオンビール(まずは乾杯)
ゴーヤチャンプル(SPAMが入っていました)
グルクン唐揚げ
ミミガー
ラフティー(角煮)
沖縄焼きそば
島らっきょう
豆腐よう(島豆腐を泡盛で発酵させたものだそうです。つまようじで切り取って食べます)
古酒(クース、泡盛ですが、すごく飲みやすかったです。)
ウコン茶というかうっちん茶と言うそうですが、N氏がそうは言わない、と店員さんと言い争っていました。結局品切れだったんですが。
シマナーイリチャー(シマナー=島の菜っ葉、というそうです)
もずく酢
てぴち(豚足)
島らっきょうの天ぷら
沖縄そば(締めで)

いやあ、マジでうまいっす!

(ここのblogのネタとして)オーダーした沖縄料理をメモ用紙に書き留めていたのですが、店員さんに「どこの人ですか?中国?台湾?」と聞かれてしまいました。どうやら、熱心な留学生と思われてしまった様です(笑)
ワシ自身は、大阪生まれの大阪育ち(田舎は九州)の日本人なんですけどね。

19:30を過ぎて、三線(さんしん)を持った演奏者が舞台に上がり、沖縄民謡のライブが始まりました。
まず始めに沖縄民謡を数曲披露。次に沖縄民謡についての解説がありました。

沖縄民謡は、通常テンポが遅いそうです。テンションを上げる時に、ジャンカジャンカと早弾きするそうです。
あと歌詞が千差万別で、唄う人によって歌詞が異なるらしいです。後述する「安里屋ユンタ」も百通りの歌詞があるそうです。
言葉遊びとして歌詞そのものをアレンジ、ジャズでいう所の「即興(演奏)」が出来るみたいです。

(おまけ)後日ネットで調べてみましたが、音階について、本土・奄美大島では「四七抜き(よなぬき)」に対して、沖縄民謡は「ニ六抜き」だそうです。
  「ド、レ、ミ、ファ、ソ、ラ、シ」の音階の内、
  →四七抜き…「ド、レ、ミ、ソ、ラ(ファ、シ抜き)」で構成
  →ニ六抜き…「ド、ミ、ファ、ソ、シ(レ、ラ抜き)」で構成
  ※それらの音階だけで演奏すると、見事に日本民謡(または沖縄民謡)となっちゃいます。
沖縄民謡の方が「四七抜き」と勘違いしていました。と言っても用語だけ知ってて、音楽理論は詳しくないので、それ以上の事は私に聞かないで下さい(苦笑)


演奏者の方から「ご来場の皆さん、沖縄民謡を歌ってみましょう。」と呼びかけられました。プロの演奏に合わせて民謡を唄う、これぞライブの醍醐味なのですが、、、誰も唄おうという気配が無く、ここは初めての人に是非…ってワシが歌うの?マジで?

沖縄民謡ライブ
※写真はイメージです。

<曲目一覧>
安里屋ユンタ(「あさどやゆんた」。名前しか知らないので、ついて行くのに必死でした)
ハイサイおじさん(有名ですが、最初は大変でした)
(さすがに知っているので、ようやく熱唱(笑)

「島唄(うちなーぐちバージョン)」はちゃんと歌えたかも知れません。
次回は、地元の人にしか分からない民謡を唄ってみたいです(笑)

その後、民謡に合わせて踊ってみましょう、という事でまずは店員さんがお手本を見せました。続いてご来場のお客さんも…またワシですか?
さすがに困るので、N氏(や他のお客さんも数名)も巻き込んでの踊りタイムになりました。特に決まった動きは無く、フィーリングで曲にノリながら踊り続けました。

踊りタイムが終了して、席に戻って古酒を飲みつつ、島らっきょうを食べ続けました。島らっきょうウマー。

隣に座っていた常連さんと意気投合したのは良いのですが、途中、
「君ねぇ、そこにいる店員さんの旦那に似ているよ。本当にそっくり。」
横に居た女性店員さんと一瞬目が合ってしまったので、思わず愛想良く、
「ハハハ…ありがとうございます〜」と返しました。
ちょwwww なんて事をおっしゃるんですか!と言いそうになりましたが(笑)

時計をみたら、入店してからすでに3時間も居てしまった様です。
会計後バスに乗って、再び難波駅に戻りました。


4軒目:Cafeくらら

酔い覚ましに「鉄観音茶」をオーダーしました。
知り合いのN氏はあまりお酒が強くなく、私はカラオケ(ジャンカラ+沖縄民謡)&踊りで、二人とも疲れ切ってボーッとしていました。
しばらくして、先に会計を済ませてお店を出ました。
| うっちー顧問 | 部活動:グルメ | 23:30 | comments(0) | trackbacks(0) |

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://maidcafeclub.blog.bai.ne.jp/trackback/76147
トラックバック